• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

新型コロナウイルス感染症関連情報について

ページ更新日:2020年7月10日

  市役所問合せ先一覧
  市長メッセージ

 

〔個人向け支援〕

      ▶ 特別定額給付金 NEW 
  ▶ 個人向け支援 NEW

 

〔事業者向け支援〕 

  ▶ 市内事業者向け支援

 

〔市の対応状況〕

  ▶ 公共施設・イベント NEW
  ▶ 小中学校・保育園関連

  ▶ 市役所・県からのお知らせ  
  ▶ 瀬戸市新型コロナウイルス総合対策本部
  ▶ 新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

  ▶ 「新しい生活様式」を踏まえた市の事業 NEW

 

〔予防・対応〕
    市内の感染状況

   ▶ 新型コロナウイルス感染症を防ぐために
  ▶ ご自身の症状が気になる方(相談窓口)

  「新しい生活様式」における熱中症予防 


〔外部リンク〕
  ▶ 新型コロナウイルス最新情報(国・県)

 

〔その他〕

   瀬戸市ふるさと応援寄附金

  ▶ お持ち帰りできる飲食店紹介 

  ▶ マスク等の寄附(お礼・ご協力依頼) 

  ▶ ご自宅でできる健康・楽しみづくり 

 

メッセージバナー

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

 

市民の皆さまへ

 

 本市におきましては、国や県などの支援と併せ、緊急かつ手厚い支援を必要とする皆さまへの支援を最優先として、市独自の支援施策に取り組んでいるところでございます。こうした支援施策の方針としましては、市民の皆さまの命と暮らしを守るため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策とともに、「生活支援」、「事業支援」、「教育支援」の三つを基本としております。

 このたび、6月定例会の追加補正予算において、「市民の感染防止と社会経済活動の両立を図りつつ、“新しい生活様式の実践”を支える取り組みの実施」を基本とした支援策を取りまとめました。これまでの「生活支援」、「事業支援」、「教育支援」に係る取り組みに、「防災・災害対策」の分野を加えた4つの分野についての支援施策を計上させていただきました。

 具体的な取り組み内容については、市議会議員の皆さんからのご提案を踏まえるなどしながら立案したものであり、議員各位に改めて感謝申し上げるとともに、今後も市民や事業者の皆さまの声を反映し、社会状況に応じた迅速な支援施策を講じていきたいと考えております。

 

令和2年6月30日 瀬戸市長 伊藤保德

 

市長ブログ「新型コロナ感染防止」 (7月10日更新)

 

個人向け支援

 国や県の施策と合わせ、本市としては、「生活支援」「事業支援」「教育支援」を柱に事業を実施しています。

 また、新型コロナウイルス感染症に対する総合的な対策を迅速に実施するため「瀬戸市新型コロナウイルス感染症対策基金」を設置しました。

特別定額給付金

  新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行います。

  

 特別定額給付金申請書の提出期限は、8月12日(水)です。

 7月9日付けで、未申請世帯宛に申請期限が迫っている旨のご案内を封書で送付いたしました。

 まだ未申請で給付を希望される場合は、関係書類の添付をお忘れなく、期限内に申請してください。

 詳しくは、特別定額給付金からご確認ください。

 

 特別定額給付金 進捗状況 NEW(7月10日更新)

個人向け支援

 特別定額給付金以外の個人向け支援については、個人向け支援一覧(各種猶予・減免制度含む) からご確認ください。NEW(7月10日更新)

 また、本市の特色のある支援事業について、主な事業を以下でご紹介します。

 

出生臨時特別給付金 NEW(7月10日更新)【市独自】

    子育て世帯の生活を支援するため、国の特別定額給付金の対象とならない4月28日以降に生まれたお子さんに対して、市独自に一人あたり10万円を支給します。

 ※詳細は決まり次第、お知らせします。

 

ひとり親家庭等応援金(6月24日更新)【市独自】

 ひとり親家庭等の生活を支援するため、1世帯あたり5万円を応援金として支給します(申請不要)

 詳しくは、瀬戸市ひとり親家庭等応援金からご確認ください。

 

ICT環境整備

 小・中・特別支援学校の児童生徒に1人1台のタブレット端末を整備し、災害や感染症の発生による学校の臨時休業などの緊急時においても、児童生徒の学びを保障できる環境づくりを行います。

 

学習支援ソフト導入 【市独自】

 休校期間中の学習を支援するため、市立中学校の3年生を対象とした学習支援ソフトを導入します。

 ※詳細は各学校からお知らせします。

                                                         ▲このページの上へ

事業者向け支援

市内事業者向け支援について

 国や県の施策と合わせ、本市としては、「生活支援」「事業支援」「教育支援」を柱に事業を実施しています。

 また、新型コロナウイルス感染症に対する総合的な対策を迅速に実施するため「瀬戸市新型コロナウイルス感染症対策基金」を設置しました。

 

 「事業支援」について詳しくは、事業者向け支援一覧(給付・助成・融資等)からご確認ください。(6月17日更新)

 また、本市が主に関わる支援事業について、以下にてご確認いただけます。

 

 理美容業界に対する休業協力金

    瀬戸市では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、緊急事態宣言措置の期間である5月6日まで、より強力に感染症対策を講じていくため、自主的に休業する理美容業界の事業所に対して休業協力金を交付いたします。

  詳しくは、休業協力金からご確認ください。

 

飲食店事業者支援給付金 【市独自】

 新型コロナウイルス感染防止対策への対応などにより、経営に強く影響を受けている市内の飲食店事業者を支援するため、営業時間の短縮の協力要請の対象とならなかった事業者に対して1事業者あたり10万円の給付金を支給します。

 詳しくは、飲食店事業者支援給付金からご確認ください。

 

中小・小規模企業向けの国、県の支援施策

 持続化給付金をはじめとした国の施策(経済産業省ホームページ)
 県の支援施策・窓口(愛知県のホームページ)

 国の主な支援施策(金融支援を除く)

 

瀬戸市の経営相談窓口の設置

 新型コロナウイルスの流行により影響を受ける、または、その恐れがある市内の中小企業・小規模事業者を対象とした経営相談窓口を以下のとおり設置しています。
  
  設置場所:市役所産業政策課内

  電話:0561‐88‐2651

 

雇用調整助成金 社会保険労務士による相談窓口の開設 (6月11日更新)

 厚生労働省の雇用保険法に基づく雇用調整助成金を、対象となる事業者のみなさまに広く制度活用いただけるよう、相談窓口を開設いたします。

 詳しくは、こちらからご確認ください。

 

瀬戸市の中小企業等への金融支援施策

   中小企業等への金融支援
 セーフティネット保証4号
 セーフティネット保証5号
 危機関連保証(特例中小企業者の認定)

                                                          ▲このページの上へ

市の対応状況

市内公共施設について 

公共施設の利用再開 

 感染拡大防止の観点から5月31日(日)まで の期間、公共施設の利用を原則中止としてきましたが、瀬戸蔵、文化施設などの公共施設の利用を6月1日(月)から原則再開しています。

 

【段階的に利用を再開する施設】

 スポーツ施設・・・7月13日(月)から新たにパルティせとフィットネスジムを再開します。NEW (7月10日更新)

公民館・地域交流センター ・・・感染予防対策及び利用団体への周知が整い次第、6月15日(月)以降、順次開館しています。ただし、ご利用の際には、感染拡大防止のため、新しい生活様式を踏まえたご利用をお願いいたします。

 

【当面の間休館する施設】

 無風庵、窯垣の小径資料館、窯垣の小径ギャラリー

 

公園をご利用される皆さまへ

 公園につきましては、瀬戸万博記念公園(愛・パーク)展示スペースを除き、ご利用していただけますが、利用される皆さまにおかれましては、手洗いや咳エチケットの徹底、すいた時間・場所を選び密集を避けるなど、感染拡大防止にご理解とご協力をお願いいたします。特に、利用者の多い遊具や広場などにつきましては、「混み合っている場合は利用しない」、「いつもより短い時間での利用」など心掛けて下さい。

 今後、利用者が多く“密”な状況が見受けられる遊具につきましては、やむを得ず利用休止とさせていただく場合があります。

公共施設の利用キャンセル

 2月26日(水)から当面の間の使用について、新型コロナウイルス感染症の予防・対応を理由に、市内公共施設の予約をキャンセルした場合、使用料等を全額返還します。

 ・使用料等の返還対象施設一覧

イベント等について

イベント等の中止及び延期(6月5日更新)

 新型コロナウイルス感染防止対策を充分に講じることが困難であるとの判断から、以下のイベント等は中止することになりました。

イベントの名称 日にち 開催状況 問い合わせ先 電話番号

第89回せともの祭

(主催:大せともの祭協賛会)

9/12(土)

・13(日)

中止

大せともの祭協賛会

(瀬戸商工会議所内)

0561-82-3123
来る福招き猫まつりin瀬戸

9/26(土)

・27(日)

中止

瀬戸市まるっとミュージアム

・観光協会

0561-85-2730

 

 中止もしくは延期としたイベント(8月末まで)を以下の「市主催イベントの開催方針(中止・延期一覧)」でお知らせしています。

市内公立小学校、中学校及び特別支援学校について

市内公立小学校、中学校及び特別支援学校の再開

 5月25日(月)から段階的に学校を再開しています。

  詳しくは、こちらからご確認ください。

 なお、部活動は、6月第二週から学校ごとに再開しています。

 

学校体育施設スポーツ開放

 成人(児童生徒の方以外)の活動は、屋外施設(グラウンド)、屋内施設(体育館)ともに6月1日(月)から利用再開しています。屋内施設(体育館)は、児童生徒の感染予防のため、利用終了後にドアノブ・スイッチ等の消毒の徹底をお願いします。なお、児童生徒の活動は、6月8日(月)から利用再開しています。

放課後学級・放課後児童クラブについて

 

 ・新型コロナウイルス感染症に対する放課後学級及び放課後児童クラブの対応 (6月4日更新)

保育園について

 ・6月から引き続き児童が休所する場合の手続きについて

市役所・県からのお知らせ

瀬戸市役所へご用件のある皆さまへ (7月1日更新)

 市役所は開庁していますが、電話やインターネット、郵送での手続きが可能な用件であれば、なるべく来庁をお控えいただくようお願いいたします。
 また、71日(水)から7月31日(金)までの期間、各執務スペースで勤務する職員を原則2割減少させ、感染防止の対策を行いますので、通常より事務手続きに時間がかかるなど、皆さまにご迷惑をおかけする場合がございますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 詳しい市役所の取り組みはこちらからご確認ください。

 

 ・令和2年度瀬戸市職員採用試験を実施します (6月25日更新)

 ・窓口混雑緩和のお願い

 ・新型コロナウイルス感染症の影響によりお支払いが困難な方に対する各種猶予制度

 ・法人市民税の申告期限延長 

 ・晴丘センターへの一般持込みごみ条件付き受入れ再開

 令和2年度狂犬病予防集合注射を中止

 ・コミュニティバスの利用案内(7月6日更新)

 ※市役所の問合せ先一覧はこちらをご覧ください。

愛知県からのお知らせ 

 ◆各種相談窓口 (6月30日更新)

 ◆運転免許証の更新 ※更新対象者が拡大されました。(7月8日更新)

 ◆愛知県文化芸術活動応援金 (6月17日更新)

 ◆医療従事者を応援するための寄附募集 (6月18日更新)

 ◆愛知の観光土産品の販売を行うEC(通販)サイトへの出品者募集 (6月19日更新)

 

瀬戸市新型コロナウイルス総合対策本部について

 7月8日(水)に第28回対策本部会議を開催しました。

 詳しくは、こちらからご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aについて

 本市にお問い合わせをいただいている主なご質問と、現時点での市としての回答をまとめました。

 詳しくは、こちらからご確認ください。(7月3日更新)

                                                          ▲このページの上へ

予防・対応

市内での新型コロナウイルス感染症患者情報

瀬戸市において、4月22日(水)に5例目となる市民の方の感染が確認されました。

概要及び経過につきましては、以下(愛知県ホームページ)にてご確認ください。

 

瀬戸市5例目(4月22日愛知県発表、県内434例目) (4月23日更新)

瀬戸市4例目(4月6日愛知県発表、県内230例目) (4月7日更新)

瀬戸市3例目(4月3日愛知県発表、県内192例目) (4月3日更新)

瀬戸市2例目(3月29日愛知県発表、県内166例目) (3月29日更新)

瀬戸市1例目(3月28日愛知県発表、県内162例目) (3月28日更新)

新型コロナウイルス感染症を防ぐために

1 手洗いをしましょう

2 エチケットを守りましょう

  ・ 咳エチケットの方法

  ・ マスクの着用

   ※せとまちテレビ5/15号で、手作りマスクの作り方をご紹介しています。

    こちらからご視聴いただけます。 

3 消毒をしましょう

4 3つの密を避けましょう

  ・ 換気の悪い密閉空間

  ・ 多数が集まる密集場所

  ・ 間近で会話や発声をする密接場面

 

※詳しくは新型コロナウイルス感染症に関する健康情報からご確認ください。

※せとまちテレビ5/1号で、感染症の予防についてご紹介しています。

 こちらからご視聴いただけます。

 

手洗い

 

飛沫防止

 

ご自身の症状が気になる方(相談窓口)

帰国者・接触者相談センター(瀬戸保健所)

 次の症状がある方は以下を目安にご相談ください。

 医療機関を受診する前に、電話によりお問い合わせください。

 

 【 相談の目安 】  ~新型コロナウイルス感染症が心配なとき~(チャート)

 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

 ・重症化しやすい方等で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 

 ≪重症化しやすい方等とは≫

   ・高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方 

   ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方

 

 ・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

   ・症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。

  ・症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。

  ・解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

 

 ◆帰国者・接触者相談センター(瀬戸保健所)

  電話 0561-21-1699

  平日:午前9時から午後5時まで

  夜間、土、日、祝日:オンコール(24時間)体制

一般相談窓口

  愛知県は県民向けの新型コロナウイルス感染症についての電話相談窓口を設置しています。

  帰国者・接触者相談センターへの【相談の目安】にあてはまらない場合の相談窓口となります。

 

 ◆愛知県保健医療局健康医務部健康対策課 感染症グループ

 電話 052-954-6272(平日・土日祝 午前9時から午後5時まで)

 ◆瀬戸保健所

 電話 0561-82-2196(平日 午前9時から午後5時まで)

                                                        ▲このページの上へ

外部リンク

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症についての最新情報

各種支援のご案内

 ・生活を支えるための支援のご案内(厚生労働省)

 ・新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室)

 ・くらしとしごとの支援策(首相官邸)

 

感染予防等のご案内

 ・厚生労働省のホームページ

 ・一般の方向けQ&A(厚生労働省)

 ・企業の方向けQ&A(厚生労働省)

 ・労働者の方向けQ&A(厚生労働省)

 ・愛知県のホームページ

 

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

Acrobat形式、Word形式、Excel形式をご覧いただけない方は、「資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)」のページよりソフトウェアをダウンロード、インストールすることでファイルを開くことができます。提供各社の利用許諾を十分に確認のうえ、自己責任においてダウンロードおよびインストールしてください。

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

スマホ版を表示